2013年10月12日土曜日

秋のガガイモ

秋のガガイモ特集・・・と言いたいところですが、真冬以外はいつでも何かしら咲います。まあでも、開花数が最も多いのは秋でしょうか。明日から夜間冷え込む日が続くようなので、徐々に開花数も減っていくでしょう。

Pseudolithos migiurtinus
Somalia

Raphionacme madiensis
East Africa

Rhytidocaulon splendidum
Yemen

Rhytidocaulon splendidum (2nd clone)
Yemen

Huernia sp. IB10806
RSA, Clay Pits, 3 km SE of Coombs

Echidnopsis squamulata
Yemen

Brachystelma sp. aff. lancasteri  (7 lobes)
Tanzania, Ruvuma

Rhytidocaulon macrolobum
Yemen

Brachystelma filifolium
RSA, Nelspruit

Huernia oculata
Angola & Namibia



Matelea cyclophylla (4 lobes)
Mexico

Pentagonanthus grandiflorus ssp. glabrescens
Central & East Africa

以上。これらの他にもまだまだ咲いていますので、やはり秋は開花が多いです。バリアンサスモドキは未だに詳細不明。おそらくオルベアの交配種ではないかと思っています。強光下で栽培したら、花に黄色い網目模様がくっきり出ました。春の写真と比べると別種にみえるくらいです。ガガイモは国内外問わず名称が混乱していますね。たまに探しているガガイモが販売されていても、よくよく写真を見ると明らかに別種ということが多いです。 ガガイモに関しては、意図的に名前を変えて売ったりすることはまずないと思いますが。ドイツの某業者でもたまに間違いますから。

0 コメント:

コメントを投稿