2014年1月24日金曜日

Rhytidocaulon macrolobum var. minima, Yemen

Rhytidocaulon macrolobum var. minima
Yemen

最近は、冬型植物やアガベ、ハオルチアを日中外に出すだけで、ほぼ全ての植物を室内で栽培しています。室内で加温していると、真冬でも夏型のガガイモが咲いたりしまして、季節感がありません。現在、イエメン産のリチドカウロンが開花中です。このR. maclolobum v. minimaは、昨年E社から購入したものです。実は、おまけ的なポジションで迎え入れたのですが、かなり好みな花でした。以前写真で見たminimaの花は、もっと基準種に近く、華奢な形状だったので、こんな花が咲くとは思いませんでした。黒檀のような色で、厳つくてかっこいいです。


一見、R. macrolobumとは違う系統に見えます。名前の通り小型種で、花の直径は7~8mm程度。


そして、これまた面白い性質がありまして、花に個体差が激しいのです。こちらの株は、縞模様がはっきりした花。臙脂色がベースです。どこかで見たことあるなあと思っていましたが、R. sheilaeR. subcandensに似ていました。特に副花冠。おそらく私の他にも購入した方がいらっしゃると思うので、ネットに写真が上がるのを楽しみに待っています。


窓際栽培、ブラインドで遮光しているためか、概ね緑色。




茎は横に伸びています。横に伸びています。少しは上にも伸びて欲しい(置き場の関係上)。これ、茎が柔らかくて垂れ下がっているわけではなく、硬いゴムのように弾力があります。

0 コメント:

コメントを投稿