2013年12月29日日曜日

Ceropegia petignatii, Madagascar

Ceropegia petignatii
Madagascar

マダガスカル産のCeropegia petignatiiが開花中。




このような直径5mm程の蔓が増えていきます。初めて蔓の伸長を目の当たりにした際は驚きました。この蔓が増えてくると、花芽が出てきます。


蔓だらけになると、多肉植物というカテゴリに入れていいのかどうか疑問に思えてきます。多肉業界でケロペギアがあまり普及しないのはこういった性質が原因かもしれないなとちょっと思いました。


緑花の他に白花の個体もいるそうです。花冠の先端には、ガガイモではお馴染みの房が生えています。これで虫をおびき寄せるのでしょうか。


内側には毛が生えています。一度花の中に入った虫は、花が萎れて柔らかくなるまでこの毛に阻まれ、花の外に出ることが難しくなるのだそうです。


ガガイモらしい副花冠。


栽培について。関東平野部、日当たりの良い我が家の置き場には向いていない植物です。強い光を嫌うので通年遮光が必要です。高温多湿も苦手で、夏に土が湿っている状態で直射日光が当たると高確率で根腐れを起こします。かといって寒さに強いわけでもないのです。
秋が生長に適していると感じますが、この時期はまだまだ日中暑い日があり、夏と同じように遮光・通風を心掛けなければいけません。しかし一方で朝冷え込む日も多いので、夜間は室内に取り込まなければいけないこともあります。結局、私は10月頃から室内で栽培しています。カーテンやブラインドによって遮光し、夜間は冷え過ぎないようにするとよく生長しました。


根が腐ってもカットして挿し木すれば再生可能です。この記事に載せた写真の株も挿し木で増やしたものです。購入時の茎は今年の夏に全て腐ってしまい残っていません。挿し木する際は切り口を地中に埋めず、単に土の上に乗せておくか、切り口以外の部分を土に埋めると腐り難くなります。挿し木する部分は、蔓ではなく写真のような太い茎が適切。


Albers, F. & U. Meve. 2002. Illustrated Handbook of Succulent Plants. Springer Verlag.

Asclepiad-exhibition
http://www.asclepiad-exhibition.org/Notes_Ceropegia_a-d.htm

Wikipedia - Ceropegia
http://en.wikipedia.org/wiki/Ceropegia

Dictionary.com - Ceropegia
http://dictionary.reference.com/browse/ceropegia

Paul Shirley Succulents - Ceropegia petignatii
http://paulshirleysucculents.wordpress.com/2011/02/19/ceropegia-petignatii/
 

Sage Reynolds Artist and Designer - Ceropegia petignatii
http://www.sagereynolds.com/cero/peti.htm

Home  http://www.sagereynolds.com/cero/cedex.htm


0 コメント:

コメントを投稿