2013年10月8日火曜日

Caralluma turneri, PH 1432


Caralluma turneri
PH 1432
Ethiopia, 3 km SSE of Dire Dawa

エチオピア産の珍しいカラルマです。蕾は何度も見ていたのですが、なかなか(3年間)開花しませんでした。今年も咲く寸前で花が落ちてしまうのを繰り返していました。最近になっておそらく今季最後の花茎を伸ばし、開花に至りました。


茎は硬くて軽くて、プラスチックのようです。よく日に当てると模様が浮き出ます。外皮が分厚い印象。フェルニア等に比べ、そう簡単には日焼けしません。が、先日のC. moniliformisと同じ環境では少し厳しいようでした。そして、遮光すると簡単に伸びると言うほどのものでもありません。遮光下(ネット)で栽培している株もありまして、模様は出ないものの瑞々しい緑色に育っています。


2.5号鉢。3年程栽培してこのサイズですから日照強めで栽培していたとはいえ生長は遅いでしょう。



こんな薄くて貧弱な花弁です。風が吹くとひらひらと揺れます。花は2日ほどで落ちてしまいます。


この写真は、部屋の中で撮影。部屋の中にもよく日が入るようになりました。Caralluma turneriは、もう一つナンバー違いの個体を栽培しています。そちらも、何度も咲く気配があったのですが、未だに開花せず。茎の見た目は同じなので、札落ちしないように注意しています。


4 コメント:

saksak さんのコメント...

こんにちは。こちらではお久しぶりです。
このカラルマ、派手さはないですが面白い花ですね。
咲く姿に惚れました。機会があれば育ててみたい種です。
一番最後の写真、良いボケ味ですね〜。絞り開放近く撮影でしょうが、
どんなカメラ&レンズを使っていらっしゃるのでしょうか?そちらの
方も興味津々です。

demesne Port さんのコメント...

saksakさん

こんばんは。このカラルマ、面白いですよね。花にバリエーションが豊富で、丸みを帯びたものや模様の無いものもあるようです。なかなか増えないせいか、あまり出回りませんね。もうちょっと増えたら送れますので、思い出した時にまだご入り用でしたらメールください。

カメラ&レンズはCanonのX6iとEF-S60mm F2.8 マクロ USMです。RAWで撮ってPhotoshop CS6で現像しています。最近の写真ほとんどこの組み合わせです。
写真、いつも参考にさせて頂いております。すこし前から、saksakさんの影響で、フィルムカメラにも興味が出ています。現像が大変そう、そもそも撮影が難しそう等々の理由で、まだ踏みとどまっています。

saksak さんのコメント...

カラルマの件ありがとうございます。その折には宜しくお願い致します。

カメラ&レンズ情報ありがとうございます。60mmマクロ、良い描写しますね。
植物の記録写真では僕も特別な場合を除いてはほとんどデジタル撮影です。
35mm判フルサイズのミラーレスデジタル機(そろそろsonyから出るらしい)が出たらフィルムの
35mm判カメラの出番はますます減って行くと思います。
フィルムは中判や大判でしか使わなくなるでしょう... 。

demesne Port さんのコメント...

いえいえ。デジタル機はどんどん進化していますね。x6iでは液晶ビューのピント確認をタッチパネルで操作していまして、これがなかなか便利です。
しかしsaksakさんのフィルム写真ブログを見ているといつもフィルムに惹かれます。HOLGAの写真等、デジタルではレタッチを駆使してもなかなか表現できないものだと感じます。

コメントを投稿