2013年8月25日日曜日

Brachystelma chlorozonum; RSA, Mapumulo


Brachystelma chlorozonum
RSA, Mapumulo

新入りのブラキステルマ。クロロゾヌムという怪しげな種小名がかっこ良い。意味は、ギリシャ語→ラテン語のchloros(緑)とzone(帯)から。確かにこの、筆で描いたような模様は印象的です。写真で初めて見た時から、なぜかやたら気味の悪い花だと思っていたのですが、有名な寄生虫(カタツムリに寄生)を連想させるからですね。


こういう咲き方のブラキステルマは初めてかな。直立する茎から唐突に蕾が出ています。鉢は2.5号。花は意外と小さかったです。ブラキステルマ特有の悪臭がします。


裂片にはびっしりと毛が生えています。中心部の造形は大変美しい。今まで見たことの無いタイプの面白い花でした。


丸みを帯びた後姿。



新たに蕾がついています。もう少し楽しめそうです。クロロゾナムは花のバリエーションが豊富なようです。画像を検索してみてください。

2 コメント:

yana さんのコメント...

お久しぶりです。
これはまた素晴らしい花を咲かせますね!
草姿も良いし、チャンスがあったら僕も育てて見たくなりました。
しかし、毎度の事ながらportさんの例えは秀逸ですね。
レウコクロリディウム・・・確かにw

demesne Port さんのコメント...

yanaさん

お久しぶりです。
クロロゾナム、写真で見て存在は知っていたのですが、生で見たらもっと魅力的でした。今まで栽培したブラキステルマとは明らかに違う雰囲気の花です。そのうちまた流通すると思います。

全体が黄緑色の花もあるそうで、そっちの方がLeucochloridiumっぽいかもしれませんねw

コメントを投稿