2015年6月21日日曜日

Larryleachia picta Aus, Namibia

Larryleachia picta
Aus, Namibia
(ex EXOTICA Nr.14045)

昨年入手したLarryleachia pictaが開花しました。E社のギャラリーに載っているL. pictaと同じものでした。Larryleachia cactiformisにも似たような模様の花がありますが、地色の鮮やかな黄色は本種特有なのかもしれないと思いました。以前、仏頭玉の中に本種が混ざって流通していたという話を耳にしたことがあります。仏頭玉にも花冠裂片の地色が黄色く、斑点模様の株があるため、なかなか区別するのが難しいのでしょう。


左がL. picta、右がL. cactiformisの名で入手。一緒に撮ると花の違いがわかりやすいです。

Larryleachia picta  Aus, Namibia (ex EXOTICA Nr.14045)
Larryleachia cactiformis  Namibia / South Africa (ex EXOTICA Nr.16366)

このL. cactiformis、昔写真で見た、L. pictaに模様が似ていたし、よく見かける仏頭玉とは違うので、もしかしたらL. pictaなのではないかと思っていました。しかし、こうして実物を見比べると、前述の通り花冠裂片の色の濃さがけっこう違いますね。なお、このL. cactiformisは花冠裂片の先端まで均一な水玉模様です。




梅雨の真っ只中です。うちの場合、雨が続くと植物を室内に取り込むか、軒下に移動しなければいけません。そうすると当然ながら日照が不足します。豪雨で水浸しになっても、次の日に晴れてくれたら何の問題も無いんですけどね。

0 コメント:

コメントを投稿